総合調理学科

「美し国」 三重の豊富で新鮮な食材を最大限に活かす本物の技術とおもてなしの心を兼ね備えた一流の料理人としての独り立ちを支えます。

総合調理学科3つの特徴

  1. 調理師と製菓衛生師 2つの国家資格のほかレストランサービス技能士3級など
    めざす資格の数がケタ違い

    卒業時に取得できる調理師免許と、在学中に取得できる製菓衛生師免許の2つの国家資格をはじめ、近年の食の多様化に伴い、さまざまな資格の取得ができるようカリキュラムを編成しています。就職活動時や就職後に活きてくるそれらの資格は、あなたの強い武器となるでしょう。
  2. 1年次に調理と製菓の基礎をじっくり学ぶので自分の適性や進路について
    しっかりと見極めることができます

    1年修了時までに和食・洋食・中華の調理全般から洋菓子・和菓子・製パンの基礎と、サービスを習得するので、自分の適性や進路選択をじっくり見極められます。2年次には、さらに知識を深め、技術を高めるための校外実習や実践実習棟「伊勢志摩地中海クッキングラボ」の活用で、職人としての心構えを身につけていきます。
  3. 2年次には、洗練された最新鋭の調理実習棟「伊勢志摩地中海クッキングラボ」を
    活用し実践的な技術習得とともにおもてなしの心を養います

    個々の進路に合わせた選択コースで、高度な調理技術を習得するため、それぞれ専用のラボ(実習施設)で実践実習を繰り返し実施、応用力・実践力を養います。同時に、サービスの技術も磨いて、おもてなしの心も育てます。

将来の可能性

  • 洋食シェフ

  • 和食職人

  • 中華職人

  • オーナーシェフ

  • 専門料理職人

  • カフェオーナー

  • 給食調理員

  • 工場製造員

  • パティシエ

  • ブーランジェ

  • 和菓子職人

  • 料理、お菓子教室の先生 など

取得できる資格

  • 調理師免許(国家資格)

  • 製菓衛生師免許(国家資格)
    ※1年次に国家試験受験資格を取得。2年次に国家試験受験

  • 専門調理師学科試験
    (技術考査合格者)

  • 調理師養成施設助手任用資格

  • ふぐ取扱者認定証 ※希望者

  • 食品技術管理専門士

  • レストランサービス技能士3級
    ※2年次に受験。

  • 専門士(衛生専門課程)

  • 食品衛生責任者

  • フードアナリスト3・4級 ※希望者

調理技術を磨くだけではなくもてなしの気持ちも学んで欲しい

調理学科長 水谷 優
中国料理実習担当
日本中国料理協会 中部地区本部理事

調理学科長 水谷 優プロとアマチュアの境にあるのは技術だけです。技術は練習し、体に覚え込ませるしかありませんが、効率よく身につけるには頭を使うことが必要です。また、味覚はもちろん視覚、嗅覚、聴覚などの五感を研ぎ澄まし、さらに第六感、つまり勘を磨くことも大切です。そのためにも、よく見ること、よく考えること、料理作りが好きになること、料理を食べることが好きになること、観察すること、比較すること。これが料理人への出発です。調理技術を磨くだけではなく、いかに楽しい食事を演出し、人をもてなすか。その気持ちを大切にするよう指導することをこころがけています。

1年次

1年次で調理・製菓・製パンと、サービス・感性を全て習得します。

1年修了時までに、食全般の基本を全て習得するので自分の適性や進路選択をじっくりと見極めることができます。

時間割例
1 9:15
10:45
調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
食品衛生学 調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
製菓実習
(洋菓子)
(製パン)
(和菓子)
栄養学
2 10:55
12:25
調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
フード
ビジネス
調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
食品学
3 13:15
14:45
調理理論
フード
サービス
実習
公衆衛生学 製菓科目
※製菓衛生師試験
受験資格取得の
ための教科科目
美学色彩学
(カラーコー
ディネート)
4 14:55
16:25
調理理論
  食文化概論 美学色彩学
(デッサン)
調理師免許取得のための教育内容(1年次・2年次に習得)
食生活と健康 食品の栄養と特性 食品の安全と衛生
調理理論と食文化概論 調理実習 総合調理実習
※各科目は教育内容ごとに設定されます。
高度調理技術実習 フードサービス実習 国際コミュニケーション
製菓衛生師国家試験受験資格取得のための教科科目(1年次に習得)
衛生法規 食品衛生学 製菓理論
公衆衛生学 栄養学 製菓実習
食品学 社会  

実習の基礎カリキュラム例

日本料理
  • 玉蜀黍吸物 鯵つみれ
  • 秋刀魚栗御飯
  • 出し巻き卵
  • 筑前煮
  • 鰻もどき
  • 鰹たたき 博多盛り
  • 鯵の活け造り
  • 鯉変わり揚げ
  • 助六寿司
  • 穴子八幡巻
  • 丸茄子揚げ出し
  • 鮎の塩焼き
  • 飛鳥鍋
  • 手打ちうどん
  • 野菜の八方煮
  • 会席料理
  • おせち料理
西洋料理
  • 蕪のポタージュ
  • オニオングラタンスープ
  • ほうれん草とベーコンのキッシュ
  • 生パスタ(手打ち)
  • ボロネーズソース
  • パエリア
  • 鴨のロースト オレンジソース
  • 仔羊の香り焼き
  • オマール海老 ナージュ仕立て
  • エスカルゴのブルゴーニュ風
  • ラタトゥイユ
  • コーヒーのパルフェ アングレーズソース
  • スキャンピとホタテのベニエ
    アメリケーヌソース
  • 豚肉のはさみカツレツ
  • 鶏肉のロティー
  • 舌平目のグージョネット
    タルタルソース添え
中国料理
  • 酸辣湯(酸っぱ辛いスープ)
  • 成都素火会 (五目野菜の煮込み)
  • 腰果鶏丁(鶏肉とカシューナッツ炒め)
  • 炒花(いか花切炒め)
  • 干蝦焼仁(海老のチリソース煮)
  • 青椒肉絲(ピーマンと豚肉の細切り炒め)
  • 五絲炒飯(五目あんかけ炒飯)
  • 什錦鍋米巴(五目おこげ)
  • 鍋貼餃子(焼き餃子)
  • 肉包子(肉まん)
  • 寿桃水晶餅(もも饅頭)
  • 生菜鶏鬆(鶏そぼろ炒めレタスカップ包み)
  • XO炒三鮮(海の幸三種XO醤炒め)
  • 香醋肉(黒酢スブタ)
  • 芝麻球(ごま団子)
  • 蛋皮焼売
    (うす焼き卵まぶし飾りシュウマイ)
  • 油淋鶏(鶏の唐揚げ葱ソースかけ)
  • 白片肉(ゆで豚スパイシーソースかけ)
サービス 洋菓子 和菓子 パン
サービス 洋菓子 和菓子 パン
  • 接客の基本
  • 食事の用具と備品
  • メニューの管理
  • 食事のサービスマナー
  • 食事の国際習慣
  • ワインの産地と特徴
  • 宴会のサービス
  • レストランのサービス方法
  • テーブルサービスの方法
  • コミュニケーションと
    チームワーク
  • ガトーフリュイ
  • シフォンケーキ
  • ラングドシャ
  • プリン
  • マドレーヌ
  • 抹茶ムース
  • シュー・ア・ラ・クレーム
  • タルト
  • ミルフィーユ
  • ロールケーキ
  • ミルクレープ
  • トリュフ
  • わらび餅
  • 水羊羹
  • どら焼き
  • 大福
  • みたらし団子
  • 浮島
  • 上用饅頭
  • 外郎
  • 桜餅
  • 練りきり
  • バターロール
  • 菓子パン
  • 調理パン
  • 山型食パン
  • フォカッチャ
  • グリッシーニ
  • カイザーゼンメル
  • ドーナツ
  • バゲット
  • パネトーネ
  • ブリオッシュ

2年次

実践実習を重ね、技術を高め、おもてなしの心と感性を養います。

「伊勢志摩地中海料理コース」や「調理総合コース」といったコース選択制の高度調理技術実習では個々の進路に合わせて特化した内容で応用力も養います。

時間割例
1 9:15
10:45
調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
食品衛生学 総合調理実習 高度調理
技術実習
高度調理
技術実習
2 10:55
12:25
調理実習
(日本料理)
(西洋料理)
(中国料理)
栄養学 総合調理実習 高度調理
技術実習
高度調理
技術実習
3 13:15
14:45
調理理論
公衆衛生学 総合調理実習   高度調理
技術実習
4 14:55
16:25

国際
コミュニ
ケーション
フード
サービス
実習
  高度調理
技術実習

感性を深め、技を磨くための特別授業や環境が充実。

オリジナル授業

オリジナル授業

リキュールや、英国の紅茶文化といったドリンクの知識や、本校ならではの授業が充実しています。

特別講座

特別講座

一流店舗で活躍する著名な料理人に来校いただき、直接学び、料理に触れることで、視野を広げて感性を養います。

校外実習・校外研修

校外実習

県内の有名店に出向いて、現地で研修を実施します。実習室では叶わない、臨場感のある学びが実現します。

校外研修

一流ホテルでスタッフからテーブルマナーのレクチャーを受けて、実際にフルコース料理を頂きます。また、京料理展示大会(京都市)など、校外での研修も充実しています。

各種コンクール

各種コンクールに挑戦

東海地方の調理師が技を競う、東海三県調理師大会や各種コンクールに、グループや個人で参加し、自分の力を試します。

伊勢志摩地中海クッキングラボ詳細ページへ
大人数のゲストに対応するため、人数分の食材の仕込みからスタート。
コース料理のメニューごとに役割分担を決めて臨みます。料理やデザートなどは、ゲストの食事の進み具合をモニタでチェックしながら、サービス担当と連携してタイミングよく調理・給仕します。調理とサービス担当は、交代することでどちらの役割も学びます。

オープンキャンパス申し込み