社会で活躍する卒業生

とにかく「おいしいお菓子」を作りたい

寺山直樹さん / 平成12年度 卒業 三重高校出身

夢と現実とのギャップにより、志半ばでパティシエの道をあきらめてしまうという話をよく耳にします。 そういう私も、卒業後 厳しい現実を痛感しました。夢や憧れで菓子職人をめざすというきっかけはあってもよいと思いますが、調理・製菓を学ぶ学校は、単に資格を取るためだけの場所ではなく 「料理・菓子を作る仕事に就くために必要な訓練をする場所」 だと私は認識しています。 だからこそ、苦労や辛いことは、その先にある目標・結果のためであり、より高い目標があるのなら、その経験は必要なものだと思います。 私が、あえて難関といわれる、予選審査まであるコンテストに挑戦し続けるのも、「夢は見ているだけでは叶わない」もので、出た結果の先にこそあるからだと考えているからです。 菓子作りで夢を与える側になりたいなら、そのために、今日一日、今月…何をどうするか、しっかりと意識して行動したいと常に考えています。 それは、お客様に喜んでいただくために、というよりも、とにかく「おいしいお菓子を提供したいから」という一言に尽きます。

日本で初めてフランス菓子専門店を開き、現在の日本のスイーツブームの草分け的存在のフランス人パティシエ・シェフ 故アンドレ・ルコント氏の名前を冠したルコント杯(第5回 2014年)での総合優勝をはじめ、第12回kiriクリームチーズ・コンクール(2015年)最優秀賞、第12回カルピジャーニ・アシエットデセール・コンテスト準優勝など、輝かしい受賞歴の本校OB寺山さん。今後の活躍にもますます注目です。

まずは具体的な目標を持って!

波多野真衣さん / 旅館 寿亭 勤務 平成25年度 卒業 久居農林高校出身

在学中にはいろいろな先生に、「プロの料理人になる厳しさ」や「大切なこと」をたくさん学びました。それらは今でも活かされています。 衣食住の中でもいちばん大切な食の仕事に就くことの厳しさ、本当に大切だと思います。もちろん厳しいだけの学校生活ではなく、そこで出会った友だち・仲間も忘れてはならない存在です。 入学当初は、右も左も分からず悩みや不安が尽きないと思いますが、まず一番に目標を持ってください。和食をやりたい、お菓子を作りたい…など、具体的な目標があると学生生活の楽しさが違ってきますから、まずは目標を持つことです!
在学中では考えられなかったことですが、いま私は、老舗温泉旅館で「刺身」を担当しています。まだまだ勉強中の私ですが、これから育つ若い料理人の人たちに、いつかいろいろと指導していきたいと思います。

たくさん悩んで行動してください

池田 有沙さん / 鹿の湯ホテル 勤務 平成26年度 卒業 四日市商業高校出身

卒業後、湯の山温泉の鹿の湯ホテルに就職し、現在は主に前菜、先付け、造りなどを担当しています。高校を卒業後、日本料理の料理人になりたいという思いがありましたが、夢をあきらめ、違う仕事に就いていました。しかし、夢をあきらめきれず一念発起し、ユマニテクに入学しました。決断するまで、とても悩みましたが、ユマニテクに入学したおかげで、基礎の技術や知識を身に付けることができ、同じ目標を持つ仲間や頼りになる先生方にも出会えて、今の職場に就職することもできました。入学するまでは不安がたくさんありましたが、あのとき悩んだ末、行動に移して本当に良かったと思っています。
将来のことについてたくさん悩むと思いますが、夢や目標に向かって頑張ってください!

自分の力になりそうなら全部を取り込んでいきたい

伊藤 成美さん / ホテル 湯の本 勤務 平成26年度 卒業 四日市商業高校出身

 ユマニテクで学んだことは、料理や知識、サービスはもちろん、そこに至るまでの思いやりだと思います。仕事は自分一人でしているわけではないので、どう動けば周りが仕事をしやすいか、作業が順調に進むかなど、自分以外の人の様子をしっかりとみることが大切になります。ユマニテクの授業は、4人のグループで料理を作っていくので、周りに気を配り仕事をする、声を掛け合うなど社会に出て必要なことが自然と身につきます。
 今の仕事も覚えることがとても多いですが、一から十まで学べば、また一に戻って改めてやってみようという思いを念頭に置いています。
専門調理師の資格を取ることを目標にしており、他にも自分の力になりそうなものは取り込んでいこうと思っています。

自分たちの夢をカタチにしたカフェでお客様の喜ぶ顔を見た時の嬉しさ

藤 秀二さん・伊藤 玲奈さん

伊藤 秀二さん 平成10年度 卒業生(桑名工業高校出身)

Pasta+8*Herb オーナーシェフ

伊藤 玲奈さん 平成11年度 卒業生(久居高校出身)

Pasta+8*Herb オーナーパティシエ

パスタをメインとしたカフェを夫婦で経営しています。夫はオーナー料理長として、料理全般と経営経理などの事務を担当し、妻の私はお菓子全般とホール、店内装飾を担当しています。2011年7月にオープンさせたこのお店は、自分たちが思い描いてきたカフェのイメージを形にしたものです。そんなお店でお客様に料理やスイーツを提供し、おいしそうに食べてくださっている姿を間近で見ると、心から喜びと、やりがいを感じます。リピートしてくださるお客様の存在も嬉しいですね。また、ピーク時の忙しさをスタッフと一緒に乗り切った時には達成感も感じます。ユマニテクでは、調理をする上での基本をすべて教えていただきましたが、私個人としては、製菓で繰り返し練習したナッペ※や絞りが本当に役立っています。この仕事は、自分の料理に感動するお客様の表情が、すぐそばで見られる素敵な仕事です。そして、自分の好きなこと、得意なことが仕事になるのは、とても楽しいこと。これからは「手に職」の時代です。ぜひ、頑張ってください。
※ナッペ…ソースやクリームなどをお菓子の表面にかけたり塗ったりすること。

Pasta+8*HerbPasta+8*Herb(パスタプラス ハチトバーブ)〒514-0002
三重県津市島崎町9-4-2
http://www.8herb.com

やりたかった仕事に就いた今、毎日やりがいを感じています

谷川 智昭さん

谷川 智昭さん 平成16年度 卒業生(高田高校出身)

名鉄ニューグランドホテル ブーランジェ

現在、名鉄グランドホテルグループ3社の朝食用、レストラン用、販売用のパンを、名鉄ニューグランドホテルで作っています。中学生の頃からやりたかった仕事に就いている今、毎日やりがいを感じながら仕事をしています。パンを作ることが好きなのはもちろんですが、食べることも好きなので、毎日焼きたてのパンに囲まれて仕事ができるのも喜びですね。今でもたまに、学校の実習で書いたレポートを読み返すのですが、そこで新しいヒントが得られたりするのに驚きます。これは自分にとって一生の宝物です。そして今の目標は、自分がおいしいと思えるパンを、毎日焼き続けられる職人になること。毎日が勉強ですし、ゴールはないと思います。同様に、専門学校へ入学することも、そこがゴールではなくスタートラインです。大きな目標は頭の隅に置きつつ、今日はこれをやろう、明日はこれ、というように、日々の小さな目標の積み重ねが、将来の大きな目標につながっていくと思います。ぜひ、明るく楽しくチャレンジしてください。そして、同じ目標を持つ仲間を大切にしてください。将来、困った時や壁にぶつかった時、きっと助けになると思います。

名鉄ニューグランドホテル名鉄ニューグランドホテル〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町6-9
http://www.meitetsu-ngh.jp/

すばらしい出会いを信じて

大橋義信さん

大橋義信さん 昭和48年度 卒業生

三重県鈴鹿国定公園 湯の山温泉
ホテル湯の本/旅館 寿亭 取締役総料理長
日本料理研究会 三重県庖友会会長
全国日本調理技能士会 連合会師範

調理師をめざす皆さまに学園の先輩として、また、人生の先輩として一言応援のメッセージを送らせていただきます。私は二期生として42年前に学校を卒業しました。そしていま言えることは、この学校で出会った和食の親方や同級生たちと、今も親しいお付き合いをさせていただいているということです。特に親方は、現在72歳ですが、今も厳しく、そして大切な師匠です。このように人生がガラリと変わるような出会いがこの学校でありました。人生において、人との出会いがどれほど大切か、そして、その後のお付き合いで大きく人生が変わると思います。どうか皆さまも素晴らしい出会いを信じて、この学校で学び、一流の調理師をめざし頑張ってください。

湯の山温泉 旅館寿亭湯の山温泉 旅館寿亭〒510-1233
三重県三重郡菰野町菰野8585
http://www.kotobukitei.co.jp/

自分の作ったケーキが人に喜んでもらえた時の喜び

松田 直也さん

松田 直也さん 平成16年度 卒業生(亀山高校出身)

パティスリー サン・ミッシェル パティシエ

フランス人パティシエが経営するパティスリーに、私自身もパティシエとして勤めています。ケーキ作りの中でも、今は特に仕上げを担当しています。この仕事は、自分の作ったケーキやお菓子がお客様はもちろん、家族や友人などいろいろな人に喜んでもらえた時が、何より嬉しい時ですね。お店では特にバースデーケーキやウエディングケーキなど、ちょっと特別なケーキをオーダーされたお客様が、出来上がったケーキを見て「キレイ!」とか「カワイイ!」と、喜んでくださった時は本当に嬉しいですし、仕上げを任されている身としてのやりがいを感じます。学校では、お菓子の作り方から材料や道具の名前と扱い方、それに衛生面まで、大切な基本を教えていただけたことが有難かったですね。将来は、小さくてもいいので自分の店を持つのが夢です。お子さんから年配の方まで、気軽に来ていただける店を作りたいですね。ユマニテクは、人の役に立ちたい、何かをしてあげたいと強く思っている人、そのためなら大変なことも乗り越えられるという人、そして、目標をしっかりと持ち、夢に向かって信念を曲げず、しっかりと進んでいける人を応援してくれる学校だと思います。

パティスリー サン・ミッシェルパティスリー サン・ミッシェル〒515-0006
三重県松阪市石津町461 松阪まなび野の森内

オープンキャンパス申し込み